INFORMATION

10分の1の魅力!!

カテゴリ:ヘアカラー

今回、ご紹介するのはカラーリング剤のお話しです。

 

普段、皆様に施術させていただいている白髪染めやオシャレ染めのことを

 

我々美容師はアルカリカラーと分類しています。

 

PH(水素イオン濃度)が高く、様々な色味のリクエストにお応えする幅がとても広いもので、

 

暗い色から明るい色までかなり守備範囲が広いのです。

 

1剤(色味)と2剤(脱色剤)を混ぜて毛髪に塗って染めていく訳ですが、

 

2剤(脱色剤)を使うことで黒髪に見せているメラニン色素をブリーチして

 

(長時間置くと白に近いレモンイエローに近づきます)

 

そして、1剤(色味)が髪の内部で引っ付きあって(酸化重合って言います)

 

求める色になっていきます。

 

この時、ブリーチをすることで毛髪に負荷がかかります!

 

例えて言うなら髪の表面に10個の穴をあけるとイメージしてください。

 

そこに求める色味が入り込む状態がアルカリカラー!

 

色はキレイだけれど、その分負荷はかかっています。

 

サロン専用のものもホームカラーようのものも使用上の注意をよく読むと、

 

およそ30分で洗い流すようになっていますが

 

サロンでもご自宅でも意外と守られていないのが多く見受けられます。

 

毛先に何度も繰り返し染めてしまうと、髪の表面の穴は10個どころではなくなります。

 

この状態を続けていくとコンディションも手触りも色持ちまでも悪くなっていきます。

 

当然、ヘアスタイルのまとまりも同様です。

 

 

そこでオススメなのが ハーブカラー!!

 

初めて染める部分はアルカリカラーと同様に染めていきますが、

 

アルカリカラーとの違いは、一度染めた毛先には脱色剤は使わず、

 

ハーブの粉を水溶きしたものを塗っていきます。

 

アルカリカラーが10個ならハーブカラーは1個しか穴を開けないカラー剤なのです。(例え)

 

当然、髪に対する負荷が全然ちがいます。

 

それに加えてゼファーでは、エクセレントウォーターを使い

 

カラーリングをしていますのでさらに仕上がりに違いが出ます。

 

 

普通のアルカリカラーでカラーリングをしてこられた髪は

 

水分量がとても少なくなっていますので

 

梅雨の季節のこの時期、うねるし、広がるし、まとまらないし、ムカつくしで

 

「んもぉ~!!」ってことになっていませんか?

 

髪は女の命!!

 

そして、髪は水分量がとても重要です!!

 

 

あのツンっ!とくる臭いもないし、ヒリヒリ感もほぼないし、

 

まるでトリートメントをしたようなうるおいとツヤ感!

 

一度、試す価値は十分あります!!

 

特にロングヘアーや伸ばしモードのかたにオススメ!します。

 

「うわーっ!!」という感動はいつも髪を触っているあなたにしか、

 

いいえ、「美容室、変えた!?」ってくらい周りの人たちの反応までも変わります。

 

それくらい違いを感じます!

 

10分の1の魅力!!

是非一度、体験してみてください!

 

世界が変わります!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事:

「過去最高のストレート」、「過去最高のデジタルパーマ&ストデジ」初回半額キャンペーン実施中!
初回限定ヘナ半額キャンペーン実施中

ACCESS

福岡市南区塩原3-3-13 朝日プラザ大橋Ⅲ1F
西鉄大橋駅・JR竹下駅から共に徒歩7分
電話番号:092-542-7431(月曜定休・9:00〜19:00まで最終受付)