INFORMATION

ヘアカラーの明るさの理由!

カテゴリ:ヘアカラー

久しぶりの雨、しかも台風の影響で豪雨ですね。

 

でも、気温が25度くらいだと熱中症の心配が減り

 

チョットうれしい気もします。

 

衣服は濡れて、少しビミョーな気もしますが、、、

 

西鉄大橋駅とJR竹下駅の中間 共に徒歩7分

西鉄バス停「塩原4丁目から50m(スグソコ)」

LOHASなサロンを目指しています!

代表兼オールラウンドプレイヤー

河野一郎です!

 

 

ヘアカラーをするときに 「明るさはどうしたいですか?」

 

って聞かれますよね。

 

「明るくしたい」とか、「地毛とあまり変わらない方がイイ」とか、

 

ヘアカラーをするときにはブリーチ(脱色)をするタイプと

 

しないタイプがあります。

 

それは、使うヘアカラー剤によって決まります。

 

ブリーチ(脱色)するタイプのヘアカラー剤を使うと

 

髪は明るく変わります。

 

その正体は過酸化水素水!

 

救急箱にあるオキドールとよく似ています。

 

違うのは過酸化水素水の濃度です。

 

通常、サロンで使うのは6%過酸化水素水(酸性)です。

 

救急箱のオキシドールは3%過酸化水素水。

 

(使用上の注意を無視すると薬事法に違反します)

 

 

そこに希望の色味の1剤(アルカリ性)と混ぜると、

 

酸とアルカリが反応して 活性酸素が大量に発生して

 

(傷口につけると同じようになるのも原理は同じです。

 

血液は弱アルカリ、オキシドールは酸性)

 

毛髪内にあるメラニン色素(髪の毛が黒く見えている色素)が

 

分解されて明るく変化していきます。

 

「明るくなり気分が変わって うれしい!」のですが、

ここで髪にダメージが発生します。

 

弱酸性の髪に強いためアルカリが髪の毛を膨潤させ

 

落ちていない松ぼっくりが落ちた松ぼっくりのようになり

 

(あくまで顕微鏡レベルの話、イメージとして聞いてください。)

 

ヘアカラーをした後に手触りなどの劣化を感じます。

 

明るくすれば「グリコのおまけ」でダメージが増す理由がこれです。

 

{ちなみにパーマも同じ原理でダメージがおこります。

 

初めにつける臭いのがアルカリ性で2度目のが酸性。}

 

 

Zephyrでは「どこにでもあるようなヘアカラーは使わない!」

 

その理由がここにあります!

 

Zephyrイチオシの「ハイ*カラ」はアルカリの量が

5分の1!

 

このことが特許取得した大きな理由です。

 

薄く染まりそうですが、効果は真逆でしっかり染まります!

image

「どこにでもあるようなヘアカラー」は1(色味)対1(脱色剤)の配合。

 

「ハイ*カラ」は1(色味)対5(脱色剤)の配合。

 

つまり、髪への負荷が3分の1で済みます。

 

ここがポイント!

 

「続けると3倍キレイに!」なる理由です!

 

チョット小難しい話ですけど(汗)、、、

 

でも、2014年初めから使い続けて2年半

 

確実にお客さまの髪の毛はキレイに!

変化しましたよ!間違いなく!(実感)

 

なので、これからもどこにでもあるようなヘアカラーは

 

致しません!

 

結果がすべて!

 

そう、思っています。

 

では、また!

 

 

 

{ヘアカラーメニュー}

「ハイ*カラ」     髪への負荷が3分の1 続けると3倍キレイに!

(ジアミン配合)    日本1明るい白髪染め!

 

「アロマカラー」    髪への負荷が5分の1 続けると5倍キレイに!

(ジアミン配合)    ブリーチ(脱色)しないタイプのヘアカラー!

明るくなりすぎた毛先のカバーに最適!

白髪率50%以上の方にオススメ!

 

「ヘナ&ハーブカラー」 化学物質を配合していない天然100%

LOHASな方にオススメ!

妊娠中、授乳中、通院中、投薬中の方などにオススメ!

じっくり時間をかけてキレイに!

関連記事:

「過去最高のストレート」、「過去最高のデジタルパーマ&ストデジ」初回半額キャンペーン実施中!
初回限定ヘナ半額キャンペーン実施中

ACCESS

福岡市南区塩原3-3-13 朝日プラザ大橋Ⅲ1F
西鉄大橋駅・JR竹下駅から共に徒歩7分
電話番号:092-542-7431(月曜定休・9:00〜19:00まで最終受付)