なぜ、白髪染めで?

カテゴリ:シャンプー&トリートメント

なぜ、白髪染めで髪が傷むのでしょうか?

 

白髪染めには1剤(アルカリ剤と酸化染料)と

 

2剤(酸化剤)があります。

 

1剤と2剤を混ぜ合わせることで化学変化が起こり

 

白髪を染めることができるんです。

 

1剤に入っているアルカリ剤によってキューティクルを開かせることができます。

 

この時 2剤の過酸化水素水(救急箱のオキシドールは

 

3%過酸化水素水、

 

美容室で使用しているのが

その倍の6%過酸化水素水)と

 

アルカリ剤が混ざることで活性酸素が発生します。

 

 

この活性酸素が髪のメラニン色素を分解して

 

髪の毛はブリーチされるのです!

 

 

そして、染料が中に入っていきやすくするためにアルカリ剤の力が必要なんです。

 

 

つまり、アルカリ剤で髪を膨潤させ中のメラニン色素を分解し

 

 

染料を入りやすくさせてなおかつ、染料が中でくっついて大きくなり(酸化重合)

 

 

キューティクルから外に逃げにくくすることで白髪が染まるのです。

 

キューティクルは髪の内部の水分が

 

蒸発しないように表面を保護する役割があります。

 

ですが、この状態の時 髪の水分量が減り

 

 乾燥してしまいます。

 

 

 

白髪染めを続けるということは乾燥との戦いになります!

 

どんどん乾燥が進むと髪はまとまりや手触りなど

 

想定外の状態に変わってしまいます、、、

 

 

オシャレを楽しむことと髪のコンディションを

保つことはとても密接につながっています。

 

 

市販のヘアカラー剤を使うと少々塗り方があまくても

 

そこそこ染まっているように強めに作られています。

 

それをしっかり染まってほしいからと長い時間

 

つけっぱなしにされていませんか!?

 

それは髪だけじゃなく頭皮にもついているはず、、、

 

髪も頭皮も弱酸性、カラー剤は強いアルカリ剤、、、

 

頭皮もアルカリによって膨潤し負荷をかけています。

 

いくら高級な化粧水で引き締めても、

 

上にある頭皮が、、、

 

ドコモダケみたいになってしまいそう、、、?

 

 

 

気になる白髪はきちんと染めていたいし

 

お肌もちゃんとうるおいをキープしたいし

 

 

使用上の注意ってとても重要です!!

 

 

もちろん、染まりにくい方や染まりやすい方の

 

対処の仕方は変わってきますけども。

 

 

必要なところに必要なだけ!

 

 

基本的なことなんですけど、自分でするとなるとなかなか、、、ですよね。

 

今、Zephyrではカラーやパーマをした後に

 

 

残留したアルカリを少しでも除去できるように

 

 

DO-Sシャンプー&トリートメントを使っています。

 

 

なかなか落としづらい残留アルカリがいつまでも髪に残っていることが

 

髪のダメージにつながってしまうので

 

つけた美容師の責任でお返しする際に

 

できるだけ除去して髪のダメージ軽減に努めたいなと頑張っています!

 

 

月に一度のサロントリートメントよりも 

 

365日のホームケア!!

 

 

お客さまの髪に対する気持ちをご自宅でも!!

 

 

髪に対する気持ちの変化こそが

 

あなたの髪をキレイにします!!

 

 

では、また!

 

 

 

 

 

 

 


ヘアカラーメニュー

「ハイ*カラ」

どこにでもあるようなヘアカラーに比べて髪への負担が3分の1!(ジアミン配合)

続けると3倍キレイに!

「アロマカラー」

どこにでもあるようなヘアカラーに比べて髪への負担が5分の1!(ジアミン配合)

続けると5倍キレイに!

明るくなりすぎた毛先のカバーに!

ブリーチ(脱色)しないタイプのヘアカラー!

白髪率50%以上の方にオススメ!

「ヘナ&ハーブカラー」

化学物質を配合していない天然100%!

国内4社のみの販売でハイクオリティ!

ジアミンアレルギーの方にオススメ!

LOHASな方にオススメ!

「ピュア*ナチュラル」

脱色と着色をわけたヘアカラー!

ジアミンアレルギーの方にオススメ!

仕上がりのツヤ感、質感は「べつぴん」!

営業時間 9:00~21:00
受付時間 20:00まで
定休日 月曜日

一番上のメニューへ戻る